テーマ:旅行

星屑の丘

北海道に行ったらぜひ一枚撮りたいと思っていた丘と星空のコラボレーション。 せっかく大変な思いして三脚を持って行ったのにも関わらず週間天気予報は今ひとつ。 しかも満月に近く早い時間に月の明かりが星を消し去ってしまう。 星空撮影はかなり難しい条件の中ヤキモキしながら宿の窓から外を気にしていましたが、この日の滞在中ほんの数時間だけ星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農母の存在

広大な農地の中をのんびり往復する農家のお母さん。 時より立ち止まっては葉をちぎったり健康具合を見たり。 機械化された現代の農業でも人の手でないと出来ない作業があるんですね。 美瑛というとその広大な丘の景色に目が行きがちですが 自分はそんな人々の営みに目が行きました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道珍道中記 - おなかいっぱい編 -

急遽美瑛に連泊した翌朝。 まだ眠る嫁を宿においてオイラは一人、朝の丘へ。 清々しい空の下、朝食の時間も忘れ撮影に没頭。 宿に戻り朝食を済ませいよいよ札幌へ。 昨日、ドライブ中に気になったお店。 ポプラファームというお店です。 富良野メロンを扱うお店なのですがここの“サンタのヒゲ”と言うスイーツがちょっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道珍道中記 - 富良野・美瑛散策編 -

前日は思いの外、旭山動物園時間を費やしてしまい遅くから宿探しをした岬めぐり夫婦。 美瑛のパッチワークの丘に建つペンション木のうたさんにお世話になりました。 周囲には何もなく灯りも乏しい・・・、そんな場所に建っているペンションなので無事辿り着くかって感じでしたが迷わず到着。 我ながら感心。 ペンションの窓からは夕陽の木を望…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道珍道中記 - 旭山動物園編 -

ズボラ出血熱を発症中なオイラ。 ここのところの忙しさも手伝って絶賛放置プレイ中です。 遅々と進まぬ更新に通ってくれたブロ友のみなさんにも見放されちゃったかな!? さて今回も北海道ネタです。 なんかもういいよって感じですが・・・。 北海道上陸二日目。 この日は嫁のたっての希望で旭山動物園へ。 ぶっちゃけオイラはどうで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道珍道中記 - 小樽観光と旧友と再会編 -

「腹減った・・・、ラーメン食いたい」 乗り物酔いをしてしまいさっきまで虚ろな目で吐きそうな顔をしていた嫁がホームに下りた直後に発したのがこの一言である。 乗り物酔いは下りるとすぐ直るとはよく言われるけれど、ちょいと極端すぎやしないかよ、嫁! ここ札幌には小中の同級生シュウさんが住んでいてお昼と夜ご飯をお付き合いしてくれるとのこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道珍道中記 - 北斗星乗車編 -

「一度で良いから寝台特急の旅をしてみたいのよね」 おもむろに嫁がつぶやく。 トワイライトエクスプレスの廃止という報道を見て唐突に思ったらしい。 北海道新幹線の函館開通を理由に全廃が予測される北海道行きの寝台列車。 もし残ったとしても九州の“ななつ星”のようにオイラのような貧乏人には乗れない価格設定となってしまう可能性もある。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スムシコの街を行く

おわら風の盆の帰り道。 ちょっと立ち寄った港のそばにこんな風情のある街並みが。 何でも昔の回船問屋群の街並みだそうで、窓をスノコのような物で覆うこの作りをスムシコというのだとか。 今回の旅ではおわら風の盆を楽しむだけでなく、飛騨高山・飛騨古川・八尾・白川郷・五箇山、そしてここ富山港沿いの岩瀬の街並みと古き良き街並みを巡るこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の社

合掌造りの集落を守る小さな社。 雨降る景色もまた美しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャッターを押したくなる景色

それまで降っていた強い雨がウソのように止み、日差しが差し込んだその時。 霧が上昇し始め、何とも印象的な風景を描き出した。 グッドタイミングに訪れたこの女性は歓声を上げながらしきりにカメラのシャッターを押していました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飛騨高山 朝

今回のおわら風の盆を見る旅は古い街並みや伝統建築に触れる旅でもありました。 写真は1泊目の飛騨高山の下三之町の早朝の様子。 日中は観光客で溢れかえるこの通りも、人影まばらな早朝にはごく普通の人々の営みが垣間見える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おわら風の盆に行ってきました

ここのところ旅先からの手を抜いたブログばかり更新していましたがやっと帰ってきました。 実は高山・富山・五箇山・白川郷と観光をしつつおわら風の盆を見てきていたのです。 ホームページの掲示板に書き込みをしてくれていた“通りすがり”さんに3年前からおわらへのお誘いを受けていたのですがこの度ようやく見に行くことができました。 いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は富山

旅行最終日にして皮肉にも晴れ間が…。 遅いんだボケェ! ちなみに今日は富山市内の港近くででスムシコ造りの街並みを見た後、海岸沿いを北上。 美味しい物を堪能しながら帰宅しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山なう

大喜というラーメン屋にてブラックラーメン堪能。 鯖節ベースのスープたまり醤油かな? 味は濃いめながらも脂っこくなくなかなか良好。 色は思ってたよりは黒くなかった!?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神明の花火大会を見てきました 珍道中編

山行の予備日として設定していた三連休。 悲しいかなこの日程も初日と二日目が大荒れ予報。 そんなわけで出発直前に取りやめ。 昼の天気予報では晴れマークが並んでいたのにたった数時間後の予報では雨マークで大雨予報に変貌。 なんじゃそりゃ!?そんなことってあるの? お昼に電話して予約したバスを夕方にはキャンセルする羽目になりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富士山よりも高く

空を飛びたい! それは誰しも一度は思う夢。 その夢をモーターパラグライダーという形で実現した人たちがいる。 そしてせっかく飛ぶなら富士山よりも高く飛ぼうってわけで。 めっちゃ気持ちいいんだろうなぁ・・・。 ※実際は富士山より高く飛んではないんですけどね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人、月夜に撮影中

撮影を終えて撤収しようとしていた時にひょっこら現れた同業者のおじさん。 ちょっとおじさんを使って遊んでみようと畳み掛けた三脚を再び伸ばして撮影続行。 どうか動かないでね。 と心で願いながらこっそり盗撮。 何枚か撮ったうちの一番おじさんがブレていない写真を掲載してみました。 絞り値の都合上、山並みはぼんやりとぼけちゃ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夜会 - 神の降りる地にて -

山登りのためだけに幾度となく通り抜けた高原リゾート。 山の上とは思えぬ雑踏に居心地の悪さを感じ、いつも足早に抜けて、そして閉口してしまうほどの長く緩やかなアプローチに苛立ちしか感じなかったこの場所。 正直言ってあまり良い印象のない上高地にわざわざ宿を取ったのにはわけがあります。 この日は満月に近い十三夜。 そして雲一つ無い夜…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

結婚一周年記念旅行 二日目編

結婚一周年記念旅行二日目の朝。 この日も朝から快晴。 雲一つ無い光景に思わず嫁さんもニンマリ。 ハイキングの準備も万全で歩く気満々です。 でも上高地は前日にそこそこ満喫したので、この日は場所を変えて乗鞍岳へ登ることにしました。 気軽に3000m級に登れると言ったらその気になってしまったようです。 しかし登り始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚一周年記念旅行 初日編

とりたてて何事もなく平穏に迎えた結婚一周年。 一泊二日で記念旅行に行こうということになりました。 でも一泊二日で行ける範囲の場所なんて行き尽くした感のある岬めぐり夫妻。 色々と案を練ってみてもなかなか行ってみたいところが思い浮かばない。 そう言えば貰ったディズニーランドのチケットが余っているのでここで簡単に済ませちゃおうなんて考…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

ちょっぴり富士観光

お給料さえ振り込んでくれればもう帰ってこなくて良いよ っと嫁にありがたいお言葉を頂いた岬めぐり。 せっかく富士山まで来たのだからとちょいと周辺を観光してきました。 まずは今話題の河口湖の六角堂。 歴史ある由緒正しい建物と思いきや平成7年建設と比較的新しい建物でした。 そして見頃を迎えた富士芝桜祭りの会場へ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夫婦水入らず 雪見露天風呂

随分と長いお休みを頂きましたが充電&ネタ補充が出来たのでいよいよブログ再会です。 でも撮り貯めたネタを放出する前にほのぼの温泉ネタ。 ちょっと前の話になってしまいますが、2月末の土曜日にみなかみ町の最も奥にある湯ノ小屋温泉“秘湯の宿 龍洞”へ日帰り温泉をしてきました。 ここの宿はなんと露天風呂が17もあって、立ち寄り客でもすべ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ある日の朝

朝日を浴びたベルンの街のメインストリート。 そこを一人の老人が渡っていった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

孤高の二人

ヨーロッパアルプスの中でもとりわけ孤高な存在のマッターホルン。 そんな彼を見つめる孤高な存在のアルピニスト。 いつか登ってやる! そんな心の誓いが聞こえてきそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Onlyone 孤独の共演

この世に二つと無い存在の二人。 初めてのスイスで晴れただけでも光栄なのに、こんな素敵な共演が見られるとは。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絶景ハウス

谷を見下ろす絶景ポイントに立つ一軒の家。 こんなところに住んでいたら、毎朝景色を見るのが楽しみになるんだろうなぁ。 それにしても向こうの集落もものすごいところにあるんですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼の仕事場

長かったトンネルもあとわずか。 見えてきた出口から差し込んだ光が真っ暗だった運転席を微かに照らした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more