テーマ:ラフティング

ざわめく夕刻

陽もだいぶ傾いてきた夕刻。 一艘のボートがのんびりと下っていった。 辺りにはもう人影もなくざわざわと川の音だけが響いていた。 さて、今回のラフティングの撮影もひねくれ根性炸裂で独自の撮影ポイントを開拓。 釣り用のゴム長を履いて激流の中に入ったり、崖を降りたり藪を漕いだりと辺鄙な場所での撮影ばっかりだったので他のカメラマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉛の水面

新緑の色を溶かし込んだ水面に太陽の光が反射する。 その混じり合った色彩は何とも独特。 パッと見、川の流れには見えないんじゃないかな!? なんとなく溶けた鉛のように見えなくもない。 そんな溶けた鉛の表面をボートが行くのだから何とも不思議な光景ではないか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DEAD HEAT!

ゴール目前でついに並んだ二艘のボート。 我先にゴールを抜けよ!  目に見えてパドルを漕ぐ腕に力が入ってきたのが分かる。 見ているこちらも力が入る。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

観戦ポイント

たくさんの観客の前を通過するラフティングボート。 大きな歓声に背中を押されパドルを漕ぐ手にも力が入る。 つーかここが一番の見せ場。 さすがに手を抜くことなんてできないですよね。 それはそうと、この写真に写っている皆さん! 対岸の藪の中で一人ぽっつりと立つ怪しいお兄ちゃん見かけたでしょ!? それまさしくオイラです(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くつろぐ四人 踏ん張る一人

日本リバーベンチャー選手権大会初日の午後の競技はH2H(Head to Head)。 トーナメント方式の1対1のスプリント勝負です。 写真はそのスタート直前の模様。 オフィシャルはスタートの合図まで全身を使ってボートを押さえておきます。 リラックスをする選手たちとはずいぶんと対照的。 陽の目を見ない地味な仕事ですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お昼寝ベッド

朝早くから起きて準備をしていた選手にとって、昼食の後は睡魔に襲われやすい時間。 そんなときラフティングボードの上は最高の昼寝場所に変わります。 よほど寝心地が良いのか・・・。 人が横を通っても全く起きる気配はありませんでした。 ずり落ちた片足が快眠具合を物語る!?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これじゃぁ釣れねーよ・・・

利根川に突き出た岩の上で釣りを始めた小学生二人。 しかし次から次に来るラフティングの集団に釣果は期待できないと判断したのか・・・。 早々に見切りを付け帰って行きました。 そりゃそうだわ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

温泉街を行く

みなかみを代表する景色と言うと自分は谷川岳絡みの景色でなくこの温泉街の景色を思い出します。 利根川の急流に迫るようにそそり立つ温泉ホテルはバブルの頃の象徴ではないかと思います。 実は一昨年のこの大会でも同じ構図で写真を撮っていますがその時はどんよりとした曇り。 今回はお日様に恵まれたので掲載してみました。 晴れと曇りのコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

緑の空間

眩いばかりの新緑の色。 そしてそんな新緑を溶かし込んだような川の緑。 心癒される空間をラフティングは行く。 流れが速いことで知られる利根川上流部ですがこんな穏やかな景色もあるんですね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

緑のシャワー 水のシャワー

緑のシャワー降り注ぐ清々しいその景色の中に小さな滝を見つけた。 この滝を構図に入れて写真を撮りたい・・・。 そう思い色々と模索をしてみたがどうにもシャッター速度が決まらない・・・。 滝の流れを出そうとすれば選手たちの動きが止まらない。 選手たちの動きを止めれば水の流れは印象の残らない物になってしまう。 で、結局どっちつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタート!

日本リバーベンチャー選手権大会初日2番目の競技はただがむしゃらにこぎ続けるスプリントタイムトライアル。 競技関係者の合図とともに寡黙な戦いが始まる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春色模写

眩いばかりの緑の深さ。 そして遠くの山々に見える冬の置き土産。 季節の移ろいが醸し出すコントラストの世界をラフティングは行く。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

座礁 -選手権の合間に-

日本リバーベンチャー選手権大会が行われる利根川上流はレジャーラフティングのメッカ。 盛夏ほどではありませんが水の冷たいこの時期でもそこそこのレジャーラフティングを楽しむ観光客はいます。 おそらく豊富な雪解け水で迫力あるラフティングを楽しみたいという通なお客さんなんでしょうね。 選手権はそんなレジャーラフティングのボートとの間合いを計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Splash!!

果敢にも激流に挑むカヌーイスト。 まとわりつく水のベールがその激しさを物語る。 そしてラフティングの選手たちも・・・。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハイコントラストラフティング

逆光に浮き出るホワイトウォーターのざわめき感。 そこに現れたモノトーンのラフティングボート。 春色の穏やかな色彩の世界からは想像できないような熱き戦いがそこにあった。 実はこの写真を撮るために激流の中、可哀想な子を見るような視線に必死に流れに耐えカメラを構えていたのです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

RightTurn

意図せぬ流れに乗ってしまい左岸へと押し流されるラフティングボート。 岸に乗り上げる! 誰もがそう思ったその瞬間。 右先頭に乗る選手が船外に大きく身体を乗り出してパドルを流れに突き刺した。 するとボートはそのパドルを軸に面白いように向きを変えた。 なるほど! ああやって抵抗を作ることによって急旋回してい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

飛び出す

人の背丈ほどの落差のある落ち込みに飛び込んだラフティングボート。 その機体がほんの一瞬、消えたと思ったその瞬間・・・。 ホワイトウォーターの中から勢いよく飛び出してきた。 その姿はまるで大海原から飛び上がるクジラのよう!?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スラローム競技

今年の日本リバーベンチャー選手権大会初日の最初の競技はスラローム。 川幅いっぱいに振られた5つのゲートをいかに早く正確にくぐれるかを競う競技。 いかに流れをうまく使いスムーズにゲートをくぐるかが勝敗の鍵になります。 横に押し流すような急流を必死にやり過ごしてゲートへとまっすぐ伸びる流れを目指す。 時にはこんな激流…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

激流に挑む

果敢にも激流に挑むラフティングボート。 板東太郎との異名を持つ暴れ川、利根川の勢いは半端じゃない!? ちなみに岬めぐりはこの急流の迫力を少しでも出したくて、釣り用のゴム長を履いてこの流れの中でローアングル撮影。 周辺カメラマンから浴びせられる“かわいそうな子を見る目”感をしっかりと受けながらの撮影となりました。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

藤の花の咲く頃

藤の花が眩く咲き誇る頃。 利根川の上流部のみなかみ町周辺ではいくつかのラフティングの大会が行われます。 なぜわざわざ水の冷たいこの時期に行われるのか!? それはきっと雪解け水によって水量が安定しているから。 そして観光のラフティングが少ないこの時期にやってしまおうという意図があるんでしょうね。 天気に恵まれた先週末。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラストスパート

ゴール目前最後の瀞場。 一秒でも早いタイムをたたき出すためにラストスパートをかける。 一心乱れぬそのパドリングはある意味芸術的に感じた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飛び出す

日本リバーベンチャー選手権の最後の難所、ショットガンに挑む。 深緑色の流れを背に、真っ白なバックウォッシュの泡が一団を包む。 まるで水の中を突き抜け飛び出したかのような不思議な一枚になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと少し

最後の難所を終えたその時、安堵からか左の彼女の表情がほころんだ。 あとはゴールまで長い瀞場を残すのみ。 ヘトヘトな表情をする右の彼女とは何とも対照的でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯨つかい

激流を下りきったボートが船首をあげる。 水滴をしたたらせるその姿はまるで大海原から顔を覗かせた鯨のよう。 そしてそれを操る選手たちはさながら鯨つかい!?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

温泉街を行く

みなかみ町周辺の利根川を舞台に繰り広げられる日本リバーベンチャー選手権。 雪残る谷川岳をバックにみなかみ町らしい一枚を撮りたかったのですがこの日はどんより曇り空。 そこで温泉街を行くラフティング撮影に切り替えました。 実は今回の撮影の中で一番拘った一枚。 事前にロケハンしておいたので一発OKでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花咲く水辺

熱き戦いが繰り広げられる利根川の水辺に花が咲く。 でも選手たちは景色を楽しんでいる余裕なんてないんだろうな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役割

とある激流で写真を撮っていると、右手後方に乗り込む選手が他の選手たちと違う動きをすることに気付いた。 そこでそのポジションの選手にスポットを当て流し撮りを試みる。 水中にパドルを差し込み、投げ出されてしまうんではないかと心配してしまうぐらい船外へ身を乗り出す。 なるほど、パドルで抵抗を作りつつ重心移動をして激流を越えた先の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀞場を行く

瀞場を行くラフティング。 激流の緊張感から解放され、つかの間の平穏を楽しむ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観覧場所

激流横の岩場で見物する人達。 難所脇の突き出た岩場は迫力満点の最高の観戦場所。 ラフティングが通過する度に熱い歓声と応援をかけていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more