テーマ:お祭り

クライマックス

'13.9.23 大宮五十鈴神社 例大祭 祭もいよいよクライマックス。 最後はとてつもなく派手に終わるんだろうなぁと思っていたら・・・。 やっぱり派手でした(笑)。 予測もできないほど眩い花火に露出も飛ぶ飛ぶ(苦笑)。 でもブロ友韋駄天さんが見た一昨年の祭りと比べると遥かに地味!? 現地で知り合った毎年この祭りを楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火の粉のシャワー

'13.9.23 大宮五十鈴神社 例大祭 降り注ぐ火の粉のシャワーに纏が踊る。 火の粉を浴びると厄が落ち無病息災で一年を過ごせるという言い伝えがあるとかで氏子の若衆は入れ替わり立ち替わりこの火の粉のシャワーを浴びに行く。 それにしても熱くないのかね!?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

間近で

'13.9.23 大宮五十鈴神社 例大祭 間近にいる氏子達に向けて吹き上がった花火。 そしてこの次の展開は大量の爆竹が。 何の意味があってこんなことしているのか分からないけど、見ているだけでもとにかく楽しい。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

眩い境内

'13.9.23 大宮五十鈴神社 例大祭 とりたてて注意喚起もなく吹き上がった花火。 突然の爆音と眩いばかりのその光に観客からは悲鳴に似た歓声が上がる。 そして周囲の安全などお構いなしかのように打ち上げられた花火。 何もかも度肝を抜く展開に周囲からはただただ笑う声も。 実はこの祭り。 WEB仲間の韋駄天さんの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一行到着

'13.9.23 大宮五十鈴神社 例大祭 纏を踊らせ一行が到着する。 そして見る人の度肝を抜くような奇祭が始まる。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

待ちわびる

'13.9.23 大宮五十鈴神社 例大祭 夜の帳の落ちた境内。 神社番を任された氏子達が一行の到着を待ちわびる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'13花火写真まとめ

この夏撮った花火の写真を何枚かアップしていきます。 っと言っても柏崎の花火や神明の花火の写真はすでに公開済み。 高崎と新町、伊勢崎は今ひとつ手応えを感じなかったので片貝の花火オンリーのアップですが・・・(^^ゞ そこそこに見栄えの良い自己満足の物ばかりですが良かったらご覧ください。 なお、玉名とかの質問はお答えできないのであしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浴衣の二人

'13.9.10 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 前回更新ブログのイレギュラー写真。 桟敷席に一人放置している嫁さんの元へ早く戻らないと・・・、なんて思ってたんですけどね。 素敵な浴衣姿の二人組を発見してしまい浮気してしまいました(苦笑) やっぱり花火大会には浴衣ですよね。 ただちょっと残念だったのは髪がショートの茶髪だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境内を灯す

'13.9.10 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 「ん?こんなような写真前に見たことあるぞ!?」 っと思われたあなた、大正解です。 実は去年も同じ位置で同じような写真を撮っています。 浅原神社秋季例大祭の一環として上げられるこの奉納花火大会。 なので神社らしい雰囲気を絡めたいとまっすぐ伸びた高い杉の木越しに撮っています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

涙のスターマイン

この夏も片貝まつりの花火を見に行ってきました。 花火を見に行ったと言うよりもあのおばちゃんの名アナウンスを聞きに行ったという方が正解でしょうか。 お世辞にも上手いとは言い難い素人丸出しのアナウンス。 でもね、それが味があって暖かみを感じるから不思議です。 ここの花火大会は個人、もしくは同窓会などが出資しあって打ち上げる奉…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

打ち上げ待ちわびる

'13.8.16 新町ふるさと祭り 花火大会 撮影準備OK。 いつ花火が上がっても良いようにとずっとシャッターに手をかけて待ちわびるおじさん。 ってレリーズ忘れちゃったの? 花火大会が終わる頃には肩がこっちゃいますよ(笑)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守護神の席

'13.9.9 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 観覧場所に指定されている小学校の校庭。 広い広いその場所のゴールネットの下に場所取りがされていました。 何故にわざわざこの場所!? ああ、ここが一番落ち着く人がいるんですね。 もしかしたら川島さんですか? ちなみにキャプテン翼世代の岬めぐり。 若林君と若島津君が名前が似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼の花火

'13.9.10 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 ここの奉納煙火二日目に行われる昼の花火打ち上げ。 よその花火大会ではあまりお目にかかることのできないこの光景、そして雰囲気が好きで時間が許す限り見るようにしているのですが、桟敷席から写真を撮るのはとにかく難しい。 晴れればド逆光になってしまう。 しかし曇れば途端に花火は雲と同化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木遣りの指揮者

'13.9.10 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 ここ浅原の例大祭では花火を奉納する氏子集団は神社の拝殿の前で木遣りを奉納する習わしがある。 そんな祭りの一場面を撮っていた岬めぐりの目の前に突如乱入する不届きな輩が! 右手を高らかに挙げ木遣りに合わせて手を振り出した…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

露天の立ち並ぶ境内を

'13.9.10 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 露店が建ち並ぶ境内。 大旗を持った氏子集団が浅原の神に奉納煙火の成功を祈りに行く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全祈願

'13.9.9 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 花火大会の日。 煙火協会の役員が一人、浅原の神へ手を合わせる。 安全祈願でしょうか? その赤い法被姿が何とも印象的でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光彩の演舞

'13.9.1 おわら風の盆 ネットでおわら風の盆の写真を見て思ったのがとにかく薄暗いと言うこと。 しかし実際に現地に出向いてみると思っていたよりも遙かに薄暗い中行われ、被写体ブレに悩まされた祭りでした。 そんな薄暗いお祭り何だからそれなりにしっとり撮ってればいいんでしょうけど、ひねくれ者の岬めぐり。 どうにかして明るい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雨傘のシルエット

'13.9.2 おわら風の盆 少しの雨でも中止となってしまうおわら風の盆。 どこからとも無く中止という伝言が、通りで待つ観客に伝わっていく。 岬めぐりはおわらはもっとも楽しみにしていたここ諏訪町での流しを見ることなく終わってしまった。 人出もまばらになった踊り場を最後に写真を撮る男性。 そのシルエットからは彼の思いは読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝入る

'13.9.2 おわら風の盆 人様の家の玄関先で寝だしてしまった男性。 酔って寝てしまったのかそれとも深夜密かにに行われるかも知れない流しに備えて体力を蓄えているのか? ここの家の人にとっては迷惑に他ならないのは間違いない。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最前列

'13.9.2 おわら風の盆 最前列にいるのははっきりしない天気の中、ずっと待ち続けた観客たち。 誰にも邪魔されることなくのんびり写真の撮れる特等席。 ちょっとの雨でも中止になってしまうこの祭りでは、待ち続けるというのは根気だけでなく運をも味方に付ける必要があります。 でも下から煽って撮るようになるのであまり良い写真にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃色新風

'13.9.2 おわら風の盆 緊張の面持ちだった少女たち。 しかし日頃の練習の成果が功を奏したのか見事な演舞を繰り広げていました。 ちょっとだけ視線の位置を高くしてもう一枚。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

緊張の第一歩

'13.9.2 おわら風の盆 つい先ほどまで立ち位置の確認をしていた少女たち。 開演時間が迫るとそそくさと袖裏に戻り、早々に準備して演舞に取りかかる。 何でもこの日初めて人前で踊る少女もいるんだとか。 緊張の第一歩。 震えを押さえ舞台の真ん中へ向けて一歩を踏み出した。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あなたはそこよ

'13.9.2 おわら風の盆 演舞の間の休憩時間。 まだあどけなさが残る少女たちが出てきて場所の確認。 リーダー格と思われる少女がしきりに立ち位置の指示を出していました。 彼女たちの緊張の演舞はこの休憩が終わってすぐです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大観衆に見つめられ

'13.9.2 おわら風の盆 おたや階段と呼ばれるの狭い階段の下。 鏡町の踊りはこの階段の下の小さな広場で披露される。 なんでもこの階段に腰掛けて見るのが粋な見方なんだとか。 実はこの場所。 祭りが始まる前の日中に通りすがりさんの案内で訪れていました。 「ぜひこの場所でおわらの世界に没頭して欲しい」 この階段の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八幡の舞台

'13.9.1 おわら風の盆 個人的には“街流し”のイメージしかなかったおわらなのですが、常設の舞台を使っての踊りの披露もされてるんですね。 写真は神社の鳥居前での雰囲気のある舞台。 街流しと違って踊り子も観客も動きがあまりないので撮りやすく助かりました。 そしてどうしても手前の観客の頭が切れなかったので思い切って踊りの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見入る群衆

'13.9.1 おわら風の盆 これほどの大勢の観衆が見守っているのに周囲に響き渡るのは胡弓の音だけ。 誰一人として声を欲することなくただただ見入り、八尾の初秋を感じ取る。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さな踊り子たちの休息

'13.9.1 おわら風の盆 踊りの合間の休息。 小さな踊り子たちにはアイスが配られた。 「珍しいアイス食べてるねぇ」 「食べてみる!?」 それにしても水銀灯、白熱球、蛍光灯ととにかく難しい環境でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝いの踊り

'13.9.1 おわら風の盆 踊り場となっている通り沿いのある民家の軒先。 たくさんの観光客がなぜだか家の中を覗き込む。 何だろう?とつられて覗いてみるとそこには家の中で演舞する姿が。 なんでも祝い事があった家に上がり込み祝いの踊りを披露するのがおわらの習わしなんだとか。 ちなみにこちらの家では玄関先の土間を使って祝いの踊りを披露…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

観衆の間を

'13.9.1 おわら風の盆 両脇にずらり観衆が並ぶ通りを流し踊りが抜けていく。 今回唯一撮れた町流しでした・・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more