テーマ:蒸気機関車

SLのすれ違いを堪能してきました

今年の七夕も行われた上越線でのSLのすれ違い。 岬めぐりは今までご縁が無かったのですが、今年は乗り鉄という形で初参戦させてもらいました。 すれ違い場所と予想された月夜野のベイシア裏では多くのカメラマンや見物人が押し寄せたようで・・・。 車窓からこの光景が見えた瞬間、車内では響めきが起こりましたよ。 さて今年のすれ違い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏日の日常

今年初めての夏日となったこの日。 学校帰りの女の子もその暑さに思わず袖をまくり上げる。 その手に持つのはスマホ?それともミュージックプレーヤ-? 彼女の耳に流れるのは昔ながらの蒸気や機械の音ではなく流行のミュージックなんでしょうね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C6120が帰ってきた!

半年ほど大宮の工場に入っていたC6120ですが無事検査を終え上州路に帰ってきました。 復帰初日は伴走車のオヤ12とEF641001を従え快走。 残念ながら青空バックとはいかなかったので急遽構図を変えこんな感じで一枚。 良い煙でしたよ~。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高見の桜

東北から桜開花の便りが聞こえると関東の桜のシーズンはほぼ終了。 上越線沿線も水上の駅周辺を除いてほぼ葉桜となりました。 恥ずかしながら上越線の桜の咲く場所がまったくもって分かりませんでした。 何故って例年だとこの時期はスキーシーズンの追い込みの頃でSLには目もくれずコブ斜面に張り付いているから。 上越線で初めての桜を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰路 ~満開の桜に見送られ~

夕焼けの頃。 満開の桜に見送られD51は終点を目指す。 えっ!? ここでも桜吹雪狙ったんでしょって!? ええ、ご察しの通りです。 風の強い日で良い感じに吹雪いてたんですけどねぇ。 ここでも通過のタイミングだけ風が吹きませんでした。 ホント、ことごとく風には弄ばれてるなぁ(苦笑)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名峰谷川岳をバックに

名峰谷川岳をバックに駆け抜けるSL列車。 次から次へと湧く雲に山や線路は日が陰ったり照らされたり。 おかげでギリギリまで露出が決まらない落ち着かない撮影になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試運転 水上発車!

あまりカメラマンの存在を確認できなかったこの日の試運転。 こんな時こそといつもは寄りつくことさえない定番の人気ポイントへ。 いるのは数人のカメラマンと通りすがりの観光客。 おかげでのんびり撮影させていただきました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駆け抜ける

久し振りの旧客試運転。 心躍らせ沿線に出向いてみたのですが・・・。 ありゃりゃりゃりゃ・・・。 試運転ヘッドマーク付きですか・・・。 営業運転時の今ひとつなヘッドマークに比べれば遥かにマシですが、試運転の時ぐらい付けて欲しくなかったなぁ・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風のいたずら

えっ!?タイトルを付け間違えたんじゃないかって!? たしかに風はいたずらなどせず良い子に撮影を見守っててくれてますよね。 でもね、実はこの日はそこそこに風の強い日でした。 盛りを過ぎた桜の花は、風に煽られ吹雪のごとく花びらを散らしていました。 この時期ならではの演出に目的の撮影ポイントをあきらめここに狙いを絞ったのですが・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春色賛歌

前回のブログの撮影場所からちょっとだけ移動してのカット。 満開の桜と清々しい青空のおかげで煙皆無でも気にならない!?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の鉄橋

満開までもうちょっと・・・。 でも満開の時は天気が今ひとつだったり自分の休みが当たらなかったり、SLの運転自体が当たらなかったりとなかなか上手くいかないんですよね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花舞台をかける

真っ青な空の下、咲き競う桜と菜の花。 春らしい清々しい一枚になるはずだったんだけどなぁ・・・。 通過の時だけ曇っちゃいました・・・。 また来年リベンジですね。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜流れる

車窓を流れる満開の桜。 SLのドラフト音をBGMに最高のお花見。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お花見日和

真っ青な空、満開の桜。 SL通過の待ち時間も苦にならないお花見日和な一日でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の駅発車 のおまけ 

前回更新の桜の駅発車と同じ場所ですがこちらは朝一の回送シーン。 画的にはこちらの方がスッキリしているのですが、迫力としてはやっぱり黒煙とドレンを吐いているこちらの方が良いんですよね。 みなさんはどちらがお好きですか? 個人的にはこの構図で回送ではなく発車だと良かったのですが・・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜の駅発車

みなさんの関心の薄かった家の解体ネタも終了(苦笑)。 今回の更新からは春の雰囲気いっぱいの桜とSLネタです。 久下田駅を発車するSLもおか号。 満開の桜が春の旅を演出する。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

除雪作業

大雪で運行打ち切りとなったSLクリスマストレイン。 その横を除雪車が通り抜ける。 運行打ち切りにガッカリしていたのですがちょっとしたサプライズに心躍らせました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪中撮影会

大雪の影響で途中駅である野沢で抑止してしまったSLクリスマストレイン。 スノープラウでもかききれない雪が行く手を遮る。 運行再開を待つも一向に除雪が進まない。 長時間ボイラーの圧が下がらないよう必死に蒸気を作っていたもののタンクの水が少なくなってしまい給水をすることに。 しかし野沢駅には給水の設備がない・・・。 そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大雪の磐越西線

大雪に見舞われた去年の磐越西線のSLクリスマストレイン。 視界に影響が出るほどの降雪の時は極力線路に接近するのが撮影のセオリーですが、鹿瀬駅先の深戸橋梁に差し掛かった時そんな思いは吹っ飛びました。 この景色の中でSLを撮りたい この風景の中、SLが白煙を棚引かせて駆け抜けていったらさらに幻想的な雰囲気が増すのではないか・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野陽一さんの写真展を見てきました

許可を得て撮影 今日は鉄道写真家、高野陽一さんの写真展を見に行ってきました。 テーマは群馬の路線を走るSL。 複線電化と言うSLの走る路線としては正直魅力に乏しい群馬の路線。 独自の視点から切り取って少しでも魅力を引き出そうとのコンセプトで企画されたそうで地元民として楽しみにしていました。 作品を見ての感想ですが良い意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜汽車停車中

こちらも真岡鉄道の樽酒夜行の復路。 SLからあふれる蒸気と客車の床下から漏れる暖房の蒸気が凍てつく冬の夜を暖かみのある光景と変える。 今回は復路DL牽引という情報がまったく流れていなかったのかこのポジションで撮れたのはオイラ一人。 この駅でも進行方向側(画像左側)で多くのカメラマンが構えていたみたいですが、皆さんため息をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇夜を行く

闇夜の中を駆け抜ける蒸気機関車。 併走する車のヘッドライトが一瞬その表情を映し出す。 って、この画像を見て違和感を感じたあなたは立派な鉄ですね。 そう、前照灯が灯ってない代わりに赤色灯が点いています。 実はDLに引っ張られぶら下がっているのです。 ほとんどのカメラマンは面食らった真岡鉄道の樽酒夜行の復路。 元々後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Vivid Monotone

世にも珍しい蒸気機関車の重単を無難にシルエットでパチリ。 自分自身のアイデンティティーのなさに・・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

色彩豊かな渓谷を行く

色とりどりに飾られた渓谷沿いをD51が元気に煙を吐いて走り抜けていく。 岬めぐりが上越線で一番好きなこの場所は撮影人数の限られるこの撮影スポット。 平日の試運転とはいえ天気に恵まれるときっと激混みになるだろうと思い朝の8時から場所取り。 しかしこの日は結局誰も来ず、この景色を独り占めとなりました。 こんなことなら追っかけしてくれば…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

宮廷の肖像

静まりかえった宮廷の広間。 規則正しく並ぶ石柱の向こうにこの宮殿の主の姿があった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みんな揃ってサイド狙い

ちょっと古いネタですが、こんなのを一枚。 梅雨の秩父鉄道で行われたJNRマーク入り後藤デフでのSL運行。 通常運行だと枕木方向に伸びる撮り鉄の三脚並木ですが、この日は珍しいデフでの運行とあって皆さん揃いに揃ってサイド狙いでした。 何気ない一枚ですが、撮り鉄の並びと車両のサイドが収まるって珍しいんですよ。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋空の下

撮影場所の少ないSLいせさき。 どこで撮ろうかと場所を探していたら、秋らしい綺麗な筋雲が空のキャンバスに描かれていることに気づく。 しかしこの日、後補機のELが故障で急遽付け替え。 列車自体の通過が大幅に遅れてしまい、印象的だったその雲も遙か彼方に流れて行ってしまったとさ。 黒煙吐いてくれたのがせめてもの救いかな。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ある晩秋の一日

稲刈りも終わり冬に向けた装いとなった田園地帯をC61が行く。 それにしても清々しい空の色だなぁ。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more