神明の花火大会を見てきました 花火見物編その3

画像

「ここの花火はとにかく明るいので露出注意」

とプロの花火写真家“井上真也さん”にアドバイスを頂いていたのですが、露出には相当苦労しました。
とにかく花火が明るい明るい。

しかし今回メインで使ったD800はダイナミックレンジが広く何度も助けられました。
サブ機として持って行ったD5100や以前花火大会でも活用していたD700では確実に飛びそうな状況でも何とか粘ってくれることも多かったです。

一世代前なら画素数が上がると明らかにダイナミックレンジや高感度耐性が落ちましたが、今は記憶素子や画像処理エンジンの進化によって気にならないことも多くなりました、

ではそんな現代の技術に助けられた画像を何枚か。

画像



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック