神明の花火大会を見てきました 花火見物編その1

いよいよ花火見物編なのですが、岬めぐりにとってこの花火大会は今まで見てきた花火大会とは一線を画すものでした。
気になった花火を写真を添えながら数回に分けて載せていきたいと思います。

まずは開始早々度肝を抜かれたこの花火。
画像

えっ、普通の三重芯花火じゃないかって?
このサイズの静止画像で見ると確かにそう見えてしまっても仕方ありませんね。

ではちょいとアップで見てみましょう。
画像

一つ一つの星と呼ばれる発光体が 青→黄→ピンク と変化していくのが分かります。
多重芯ではなくごく一般的な菊花火の構造と思われますが星が変色していくことでまるで多重芯の花火のような色の層を作り上げているのですね。

生で見ている時は一瞬で何が何だかよく分からずに感動していましたが、こうして写真を見返してみると生で見ている以上に感動がこみ上げてきました。
花火は生で見るのが一番だと思っていましたが、この花火に関してはそれが当てはまらないのかもしれません。

ちなみに一般的な多重芯の花火はこんな感じ。
画像

こちらは単色の赤、青、紫、の星が花火の玉の中に層になって包み込まれています。

なんでも花火写真家“井上真也さん”この花火を見てもらいたくこの大会にしきりに誘ってくれていたんだとか。
いやはや良い物見せてもらいました。

この記事へのコメント

韋駄天
2013年08月13日 12:19
めちゃめちゃシャープな画
そして色出がすごいですね~
さすが師匠お見事です(*^^)v
2013年08月13日 22:43
柏崎に神明花火いいですねぇ。
しかも良い玉が揚がっていたようで羨ましいなぁ・・・
最近は星の色変化が大進化しているようで
静止画撮影ではもう追いつけない所まで
いってしまったのもあるとかないとか・・・(汗
どこまで進化するんでしょうか。
見る(撮る)方も楽しみです。
2013年08月17日 22:34
> 韋駄天さん
カメラのおかげです。
オイラはぽっかり口を開けながら空を見上げレリーズを押しているだけです(^^ゞ
2013年08月17日 22:41
> tshowa000162さん
ここ神明はすっごく良い玉がたくさん上がっていました。
この星がグラデーションに変化する花火は初めて見ましたが圧巻でした。
でも一瞬のことなのでちゃんと写っているか心配でした。
最近ではミュージックスターマインを行う花火大会も多くなり静止画よりも動画の方が面白いと思いつつありますが・・・。
静止画以上に後処理が大変そうなので躊躇しています。

この記事へのトラックバック